ハゲの悩みはアメリカ人も日本人も同じ

ハゲの悩みを抱えているのは日本人だけじゃありません。
逆にアメリカ人のような白人の方が日本人より早く禿げになってしまいます。

というか年を取ったらハゲになるのは当然だという風潮があるぐらいです。
日本って中途半端なんですよね。

欧米人のように禿げるのが一般的であれば堂々としていられる部分もあるのですが、
なまじにハゲる人とハゲない人にわかれるからハゲる人は非常に気にしますし、
ハゲている人に対する目線も厳しいものになるんですね。

とはいえハゲだからと言ってそれに甘んじる必要もないでしょう。
今は昔と違い科学技術が進歩し、ハゲの原因も遺伝子レベルで解析できるようになりました。

また昔と比べて格段に育毛技術は進歩し、多くの方が薄毛の悩みを解消するに至っています。重要なのはハゲ対策としてどのようなアプローチを選択するかという事です。

今の薄毛対策には昔ながらのカツラもありますし人工植毛もありますし、自毛植毛もありますし、育毛剤による対策もあります。

一番身近な対策が育毛剤を使用した治療だと思いますがこの方法を選択した場合には注意が必要です。それは良い育毛剤をしっかりとリサーチして探しだし、使用するという事です。

育毛剤での治療は自分に合った育毛剤を見つけることが出来るか否かでほぼ勝負が決まるといって良いでしょう。幸いなことに最近の優れた育毛剤は返金保証付きのものが良いのでその返金対象期間の間に合うか合わないかを判別し良い育毛剤に出会うことが重要です。

育毛剤との出会いは運命の女性との出会いと似ている部分があります。
これからずっとお世話になるのだから質の良いものでなければ後悔だけがのこってしまうという結果になりかねません。

育毛剤おすすめというサイトでおすすめの育毛剤が紹介されているので一度検討してみると良いでしょう。業界的にも評判が高く発毛へのアプローチというか説明も理にかなっているので試す価値は十分にあるでしょう。

ただ育毛剤はそれぞれのひとによって合う合わないがあります。
そこら辺をしっかりと見極めて頂ければ嬉しいですね。

バブル期以来のボーナス増らしいですね

今冬のボーナスはバブル期以来の大幅なアップになるらしいですね。

みなさんが多くのお金を手にするという事は経済活動が活発化する良い刺激になるのでとても喜ばしいことだと思います。

でもこれってあくまでも大企業のリサーチなんです。平均82万2121円らしいんですけど、みなさんのボーナスはおいくらですか。

おそらっく多くの方がこの金額よりも下回っていることでしょう。
こういった情報を発信するときには中小企業のボーナスがどうなっているかもしっかりとリサーチすべきですよね。

少なくとも私はそう思います。いくら大企業だけがボーナスを上げていても、中小企業が全然上がっていなかったり変わっていなかったりすればそちらの方が分母が大きいのだから結果として全体として消費に回せる自由なお金は少ないままになります。

報道するならそこら辺をしっかりと踏まえて報道すべきですよね。
あくまで私が調べた範囲ですが、まだまだ中小企業ではまだまだ苦しい経営状態が続いているか、経営者が搾取して社員にまで還元されていないといった感じです。

社員にボーナスで還元してこそ企業も成長するってものなんですけどね。
中小企業の陥りがちなことは社員を人間とみないでコストとしてみることですね。

そこに個性はなくただのベルトコンベアと同程度のように社員を考えている中小企業が多いです。まぁこんな企業は数年で淘汰されるのでしょうが、そういった企業が大部分を占めるのが今の日本の状況なんですね。

ボーナスの話しから大分脱線しましたが、大企業にいないかぎりいくら景気が良くても十分な金銭的な支給を受けることは難しいんだから自分で事業を興せという事を伝えたかったのです。

日本人は妙に会社に縛られて自由を失っている人が多いですね。アメリカ人が日本人の状況をしったらおそらく失笑することでしょう。

あなたが忠誠を誓っている中小企業の経営者はあなたのことを鼻くそとしか思っていないのですから変な義理立てとかする必要はありません。

野心ギラギラで上をつぶすつもりで仕事をやればいいんです。
実際にそういった人が成功していますね。

あくまで私の中の統計上の話しですが。